FC2ブログ

だいもんてつじのみなよろし!                  ~越前大野のお坊さんブログ~

浄土宗寺院善導寺の副住職。父として、ミュージシャンとして、ランナーとして、僧侶として、ふるさとを愛するものとして、子供たちに恥ずかしくない「日本」を残したいものとして、日々をつづります。

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の輝き

覚書きです。独り言です。わかる人しかわからない・・・

「お念仏のみ教え」と「命の輝き」をテーマに、浄土宗僧侶の若者団体が事業を展開することになりました。
とてもいいテーマではあると思うけれども、私の中でそこがずっとつながり難かったのです。
煎じ詰めればイコールになるときもあるけど、数学の難しい証明問題みたいにいろんな事象や法則を引っ張り出さないと、到底つながらないと思っていました。今もですが。

信心深い人、そんな縁をすでに結ばれている方ならば、「信仰」とはそういうものだと、簡単につながるだろうけど、「お寺の敷居を下げて、存在意義を改めて見出し信仰心を持っていただく。」対象は、仏教には縁遠い人ではないだろうか?

僧侶の立場で話さず、「信仰を持たない人間」の立場に立って、イベントを考えていかないと結局、食べたくない人の口に肉まん押し込んでしまうことになる気がする。
「とってもおいしいお粥」にして日常生活に生きる仏教を伝えていかないといけない。
そう思うと、法然上人の教えよりも、お釈迦様の教えに戻らないといけないと思うのですよ。

とはいうものの、「お念仏のみ教え」と「命の輝き」がさっくりつながった出来事が。
昨晩遅く、妻の実家から大野に車で帰宅。
夜の高速、二人の子供、疲れて眠い私たち、コーヒー、前を行くふらふら運転の車、フェラーリドピュン!
いつ死んでもおかしくないよね~子供たちも一緒に死んじゃったら、一族絶えるね。。。
って妻と話しながら、帰宅。
本当に、なんてことないひやっとすることもないドライブでしたが、帰宅して、子供を寝かし、妻と本尊阿弥陀仏に「無事に帰りました」と報告のお参りをしました。
もし、何かあって死んでいたら、もう極楽浄土へ阿弥陀さんのお世話になっていたんだね~とおもうと、今生きていることが不思議でしょうがなくなりました。

ここでつながりました。
「死」を意識することによって、そのフィルターを使うことで簡単につながりました。

さて、これを信仰のない人に展開していくのは非常に難しいわけですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://daimontetsuji.blog.fc2.com/tb.php/63-7b0f945f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

だいもんてつじ

Author:だいもんてつじ
大門哲爾。浄土宗僧侶。37歳。三児の父。副住職。
趣味は、歌、ギター、ウクレレ、マラソン(フル3時間23分)、読書。
ソロアルバム「蝶々結び」、「太陽の父ちゃん」、「mmcd」、「おつきさま」、「おばあちゃんのせなか」など。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
僧侶とは (31)
ランニングとは (11)
音楽とは? (6)
日々是好日 (26)
父親とは? (18)
まちづくりって (1)
妄想日記 (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。